仕事

あなたの上司は理不尽系? ウザイ系?|嫌いな上司への対処法

ともちか
ともちか
記事を書いているともちかです。よろしくお願いします!

この余裕のない世の中で頑張って働いていれば、「この人合わないなあ…」という相性の悪い人がいても全く不思議ではありません。

そこで! この記事では「会社の先輩・上司が嫌いだ!」というあなたへ、『嫌いな上司への対処法』をご紹介します!

先輩・上司が嫌い

まず、僕の経験上ですが、嫌いになる上司には2種類に分けられると思います。

それは「理不尽系」「ウザイ系」です。

理不尽系

理不尽なことで怒ったり、パワハラする人。

  • 自分の失敗を人のせいにしたり、逆に手柄を独り占めしたりする
  • 教えられていないことを強要して、失敗したら無能扱い
  • なんでも聞いてね→それくらい自分で考えろのコンボ
  • よく使う言葉:「俺のおかげ」、「お前のせい」、「そんなこともできないのか」
ウザイ系

プライバシーを無視した発言をしたり、セクハラする人。

  • 他人の気持ちを全く考えない発言をする、人の嫌がることを面白がる
  • 注意しても、「冗談じゃん」の一言で済ます
  • 容姿で人を判断して優遇したり、不遇したりする
  • 無駄話が長い
ともちか
ともちか
書き起こしていて思ったんですが、こんな人が職場にいたらそりゃストレスたまりますよね……。

嫌いな上司への対処法


ではさっそく、「ただ長く勤めていただけで権力を手に入れてしまった」という、

『本来なら人の上に立つ器ではない上司達』への対処法を全部で4つ紹介していきたいと思います。

一定の距離を保つ

まずは、『一定の距離を保つ』という方法。

「多少の被害やストレスは仕方ない」と覚悟して、上司と仲良くなったり、反抗したりせず、一定のスタンスを保って接する。というものです。

多分ほとんどの人が今この状況なのかもしれませんが、事が悪化することもなく受けるストレスも一定なので、この現状を維持することも一つ対処法と言えます。

どんなことをされても、言われても「はい、はい。わかった、わかった。」と、受け流すような感じですね。

我慢する

次に紹介する方法は『我慢』です。

正確に言うと、『とりあえず我慢して上司の異動を待つ』という方法です。

職場によっては「まず異動がない」ということもあるので、この方法を使える人は少ないかもしれませんが、事を荒げずに解決できる可能性が高いです。

それに、上司は変わらなくても、他部署の人事異動で社内の環境が変わることもあります。

それに伴って、「上司がおとなしくなる」という可能性もあるので、『我慢して待つ』という方法は割とおすすめですよ!

上司より立場が上の人へ報告

次は『上司よりも立場が上の人へ報告する』という方法について。

この方法は効果的ではありますが、その効果は「会社の質」に大きく左右すると思います。

きちんと話を聞いてくれる人で、事実確認をしてくれる人ならば何も問題なく解決すると思いますが、

ただ話を聞くだけで何もしなかったり、告げ口をされて、「余計上司に目を付けられる」といった具合に悪化する場合も考えられます。

僕もこの方法を試したことがあるのですが、結局話を聞くだけで何も改善されなかった、という経験があります。

なので、報告する際は信頼できる人かどうかを見極めたり人数を集めて数の力を使ったりなど、なにかしら工夫をしてからのほうが確実です。

仲良くする

最後は『仲良くする』という、これまでとは違うアプローチの仕方です。

何をされても、言われても決して反抗せず、文句を言われないくらいまで仕事を頑張れば、いつか何も言わなくなる時がきます。

僕も新社会人の時、理不尽なことで怒られ続けていましたが、若さゆえに「自分が全部悪いんだ……」と正直に受け止めていて、それをバネに頑張り続けていました。

その結果、認めてくれたのか、面白くなくなったのか分かりませんが、いつの間にか理不尽なことで怒鳴り続けていた上司が僕にだけ何も言わなくなっていました。

それどころか、他の人の愚痴を僕に言ってくるようになりました。全くうれしくありませんでしたが。

さらに言うと、その愚痴を聞かされるのが嫌になり、我慢できなくなって退職までしてしまいました。

ともちか
ともちか
結局、「相性が合わない人とは、近くにいないほうが良い」ということかもしれません。

より状況が悪化したようなものなのであまりおすすめはできませんが、こんな方法もありますよ、とだけ。

転職という選択も

最終手段ですが、『転職』という選択もまた一つの対処法です。

好きな仕事だとしても、人間関係が上手くいかないだけで楽しめなくなってしまいますし、

人間関係の「合う」、「合わない」はかなりのストレスになりますから、転職する理由としては十分すぎるくらいだと僕は思います。

僕のように、例え上司との仲が良くなったとしても、性格が合わない人と一緒にいると結局何かしら問題が起きてしまうのでしょう。

それが上司と部下という上下関係のせいで、言いたいことも言えなかったらなおさらです。

なので、「この人とは絶対合わない!」という人がいたら、転職をして環境を変えることが解決への一番の近道なのかもしれません。