人生

「お金持ちになる」という将来の夢は間違い!【夢を持つ時の注意点】

「お金持ちになる!」

これが将来の夢だ、という人は危険です……!

といっても、
「お金持ちになりたい!」という思い自体が悪いのではありません。

じゃあ何が悪いことなのか……?

それは「お金持ちになる!」という、
「夢の定め方」が間違っています……!

夢の定め方が間違っていると、
どれだけ努力しても夢は叶えられません。

この記事では、

  • 夢を持つ時の注意点
  • 正しい夢の定め方

この2つをご紹介して、あなたの夢が叶いやすくなるようにお手伝いします!

「お金持ちになりたい」は手段

実際、「お金持ちにないたい!」
という夢を持っている人は少なくないです。

ともちか
ともちか
僕もお金持ちになりたいと思ってます!

 

ただ、夢を持つ時はこれではダメなんです……!

その理由は……?
それは、お金持ちになるというのは、
夢を叶えるための「手段」に過ぎないからです。

「お金持ちになりたい」という夢だと、
『莫大なお金を貯金通帳の中にしまっておくことが夢』
と言い換えることができますが、これが夢なんかではないですよね?

お金を使って、自分のやりたい”何か”をする

このように、お金持ちになってから、
「そのお金で自分のやりたいことをする」が本当の目的なはず。

「お金持ちになる」はただの手段で、
本当の目的……つまり、夢は別にあるはずです。

夢を持つ時の注意点

先ほどの話でだいたい分かったかもしれませんが、
夢を持つ時の注意点は……

  1. 「手段」を夢にしないこと
  2. 『目的』を夢にすること

この2つです。

 

ちょっと例を変えて説明してみます。

野球選手になりたい!

例えば、こんな夢を持っている人がいるとします。

ただこれだと、
「プロ野球選手という肩書を手に入れる!」
ということが夢になってしまいますが、そうではないですよね?

「プロ野球選手になって、活躍して人をアッと言わせたい!
のように、それぞれ目的があるはずです。

つまり、「野球選手になる!」は、
手段を夢にしてしまっているから「夢の定め方」として間違い、なんです……!

ともちか
ともちか
「なぜ目的を夢にした方が良いのか?」については、
下記で説明してますのでご安心ください…!

「お金持ちになりたい!」ではなく……

まだしっくり来てないと思うので、
100%伝わるように説明します……!

例えば、「お金持ちになりたい」という夢を持っている人は、
そのお金を使って、自分の望みを叶えたいはずです。

それなら……

お金持ちになって、そのお金で家を買って、自分のイメージ通りの家に住む

このくらい、自分のやりたいことを具体的にしましょう。

こう見てみると、「お金持ちになる」というのは、
ただの通過点ということがハッキリ分かると思います。

「お金持ちになる」と「自分のイメージ通りの家に住む」
これが「手段」と「目的」の違いです。

別にお金持ちになること自体が夢なんじゃなく、
「自分のイメージ通りの家に住む」という部分が本当の夢なはず。

つまり、夢を設定する際は、
手段ではなくて、目的を明確にすることが大切なんです。

だから、「お金持ちになりたい」のような、
手段が夢になっているのは間違いなんです……!

「野球選手になりたい!」ではなく……

また「野球選手になりたい」という夢を持っている人も多いと思いますが、
これも理由は同じで、正しくない夢の定め方です。

さっきも言った通り、ただ野球選手になって終わり……ではなくて、
「選手になってから、こんなことをしたい!」
という部分に本当の目的があると思います。

例えば、

  • 野球選手になって、スーパープレイをして観客を感動させたい!
  • 野球選手になって、活躍しまくって女性にモテモテになりたい!
  • 野球選手になって、好きな野球を楽しみ続けたい!

などなど……。

こんなふうに、野球選手になること自体が望みなんじゃなくて、
選手になってから「どんなことをするのか?」「どんな生活を送るか?」
という部分が目的なはずです。

つまり、「野球選手になる」というものはただの手段です。
夢にするべきものはその先の目的の部分です……!

目的を夢にしよう!

……ここまでで僕が言いたいことはたった1つだけ。

『目的を夢にしよう!』

これだけです!

「お金持ちになる!」ではなく、

  • イメージ通りの家に住む
  • 一生遊んで暮らせる生活を送る
  • etc……

「野球選手になる!」ではなく、

  • 人を感動させる
  • 声援を浴びる
  • モテる
  • etc……

こんなふうに、”何かになる”じゃなくて、
何かになってから、「どんなことをしたいのか」、「どんな生活を送るのか」
のような目的を夢にするべきなんです。

そうすることで、自分のやりたいことがハッキリ分かって、
その目標のために、どんな方法で努力をすれば良いのかが明確になります。

つまり、目的を夢にするだけで、
夢を叶えられる確率がグッと上がります。

 

だから夢を持つときには、

  • 何のためにお金持ちになりたいのか?
  • 何のために野球選手になりたいのか?

というような質問をしてみて、
「本当の目的は何なのか?」というところを明確にしてみてください!

手段を限定しない!

最後にもう1つだけ、追加で言いたいことがあります。

それは、
『手段を制限しないようにしよう!』
ということ。

例えば、
人を感動させる
声援を浴びる
モテる

という3つの夢があったとしたら、
それは別に「野球選手」に限定しなくても叶えられることですよね?

つまり言いたいことは、
「夢を叶えるための手段は意外とたくさんあるよ!」
ということです。

手段を限定すると、叶えられるはずの夢も叶えられなくなってしまうものです。

手段は限定せず、ただ目的だけを夢にする

こうすることで、今まで無理だと思っていた夢が現実になります……!

 

……以上が正しい夢の定め方になります!
夢を見つけるときはこの点を意識してみてくださいね!

【保存版】将来の夢は"職業"ではない!本当の夢を見つける方法「将来の夢が見つからない……!」 って人はかなり多いと思います。 特に学生さんは、 「将来の夢が見つかってないから、進学か就職...
ともちか
ともちか
最後まで読んでくれてありがとう!